経験的建築の設計
Experimental Architecture
​表象としての身体による経験的建築の設計

荒川、東京

Unbuilt

インフラストラクチャー

敷地面積 不明

建築面積 不明

延床面積 不明

巨大

数年に渡る映像、メディアプロジェクトから身体表現を通した建築の設計方法の可能性が見つけられた。

世界の経験の集合体である身体による建築設計は空間、環境、複合的なコンテクストを暗示する新たな建築の記譜法となるだろう。土地が持つ歴史や空間、環境に触発されて身体が動き出す。言語の世界を越えた無意識の経験的な世界がそこに立ち上がる。

Experimental Architecture through Body Expression

Arakawa river, Tokyo

Unbuilt 

Infrastructure

Site Area  Unclarified

BA            Unclarified

GFA          Unclarified

Enormous

Throuth the several video -media- projects, possibility to design architecture from the body expression was found, which could be the new notation, implying space/ environment/ complexed context. The body is aggregation of the experience of the world. The body starts moving influenced by the history/ space/ environment of the place. The creation which represented by the body is a world we share from unconsciousness beyond the language structure.

= experiential architecture