3層高床式の家
Triple Stilt House
3層高床式の家

海神、船橋

2016.11

個人住宅

敷地面積 270.36㎡

建築面積 104.34㎡

延床面積 152.37㎡

地下1階(RC造)、地上2階(木造軸組)

建築家自身の身体による環境との対話に始まり、身振り手振りの経験的コミュニケーションの実践によって施主、工事業者と設計及び工事を行った。

身体が望む空間は時として合理的説得力を持たないが、本計画では亜熱帯の気候風土に即した半屋外の生活空間を創出している。高床式建築と豊富な半屋外空間は斜面地に対応した地下駐車場を基盤として、ピロティと吹抜を擁した木造2階建ての3層高床式住居となった。

Triple Stilt House

Kaijin, Funabashi

2016.11

Private House

Site Area  270.36㎡

BA            104.34㎡

GFA          152.37㎡

B1F(RC), 2F(Wood)

 The aim of this project is how to approach to non-architectural educated people, using body expression to share the space and experiences. It began with the dialogue of architect’s body and the site environment, then practice to share it through the simple gesture to the client and the constructor. On this project, it creates semi-exterior living spaces corresponding to the subtropical climates. The rich semi-exterior space consists of pilotis, void, and terrace, set on the underground parking, fits in the sloped surroundings becomes the triple stilt house.