商品化住宅の提案
Commercialization house
商品化住宅の提案

船橋

2021.02

住宅提案

敷地面積 112.50㎡

建築面積 53.72 ㎡

延床面積 92.55 ㎡

地上2階(木造軸組)

新しい商品化住宅の提案

既存の商品化住宅の問題点を、1. 没個性的な外観 2. 没個性的な外観が連続する没個性的な街並み 3. 没個性的な外観による間取りが生み出す没個性的な生活 4. これらは老朽化、再開発等により取り壊されるまで続く、と挙げ、その元凶をアルミサッシやサイディング等の工業製品による標準化と因習化したnLDKの間取りと設定。

工業製品による没個性的な外観が見えないようにするためのルーバーと、住生活のバランスを極端にした間取りを提案。

将来的にはルーバーに緑が絡みつき、時が経つとともに家も、住み手も、街も変化・成長することを願う。

Commercialization house

Funabashi

2021.02

Site Area  112.50㎡

BA            53.72 ㎡

GFA          92.55 ㎡

2F(Wood)

A design proposal of new commercialized housing

The problems of existing commercialized houses are as follows: 1. Lack of unique appearance 2. Continuous lack of appearance 3. Lack of unique life 4. These will continue until they are demolished due to aging, redevelopment, etc. The main cause is the standardized floor layout and industrial products such as aluminum sashes and siding.

We propose a louver that hides the lack of unique appearance of industrial products, and a floor plan that corresponds to the actual living life balance.

In the future, green will be entwined with the louvers, and hope that the houses, residents, and towns will change and grow over time.