Uplifting Office
TRC_5570.jpg
Uplifting Office

ハノイ、ベトナム

2022.04

オフィスリノベーション

敷地面積 220㎡

建築面積 220㎡

延床面積 220㎡

インテリア(RC造)

​設計 Takashi Niwa Architects

写真 Trieu Chien

ベトナム・ハノイにおけるオフィスのリノベーション計画である。

 

ベトナムでは高温多湿な温熱環境に対応するため、伝統的に穴あきブロックが建物のファサードに使われてきた。物理的な環境を調整しつつ、都市の中で住居同士の適度な距離感を保つ社会性に着目し、これを現代化した三次元プレキャストコンクリートブロック“Woven screen”を製作した。円弧が連なる平面レイアウトの中にこのコンクリートブロックスクリーンを配した計画とし、空間の分節と接続、波打つ3次元の曲面による特別な体験を生み出す、「開きながら閉じる、プライベートでありつつパブリックな空間」を実現した。

 

“Woven screen”は280 x 280 x 100mmのモデュールのブロックを互い違いに2つ組み合わせて1ユニットとした。コンクリート型枠のオス型を3Dプリンターで作製し、ローカルの製作工場が560ユニットの生産を行った。

コンピューテーショナルデザインのプロダクトを地場の技術を活用して製作するチャレンジである。

Woven Screen Office

Hanoi, Vietnam

2022.04

Office renovation

Site Area  220㎡

BA            220㎡

GFA          220㎡

Interior project (RC)

Architect   Takashi Niwa Architects

Photographer Trieu Chien

An office more than a place to work

It is an office renovation project for 25 staff to work in a “Free address” space.  In the former office, each staff was physically and psychologically disconnected and divided by the small separated rooms spreading over many floors.

To make people feel free and boost their creativity for everyday work, the office design was targeted to realize an office that is more than just a place to work.