新年の抱負 2022

2021年は雌伏のときだった、と言えるだろう。

①自分のことを建築家と自信を持って言えるようになること

②自分の人生について考えること

③恐れずに最初の一歩を踏み出すこと

こういった目標で臨んだ一年だったが、建築や仕事の面では特に結果はないものの非常に充実したものとなった。

自分の人生について考えることもいろいろな経験から、自分というものの姿が浮かび上がってきて、これは少々修正をかけないといかんな、ということがわかった。


そこで、2022年は以下のような目標を立てた。


「Make myself Wow! everyday」

①建築家として独立できるようになること

②自分の人生について考え、いい人間になること

③お金を稼ぎ、貯め、QOLを上げる


1つ目の目標は昨年からのキャリーオーバーで、今年は特に一級建築士の資格を取得することが大きな目標だ。そして、建築のデザインやソフトウェアの上達を地道に重ねていくことで、独立への道を作る。今の会社を去るつもりはまだないが、もういつでも独立できるという状態に持っていくことで、見えてくるものも変わってくるだろう。


2つ目の目標も昨年からのキャリーオーバー。特に、いい人間になることという目標は非常に重要で、海外にいるから自分のことを大きく見せようとしたり、自分の主張を強めに発したりするようにしてきたがために、人のことを傷つけてきてはいまいか、ということに気づき、これを改めて、いい人間になりたいと思っている。

そのためには理解、許容、歩み寄りのプロセス(人には求めるくせに自分ではすっかり忘れてしまっていた)を常々、日々の生活で意識する。


3つ目は昨年お金の問題で苦しい思いをした反省から、どうにかお金に不自由のない生活を獲得し、日本にいたときのような余裕を持ちたいと思っている。そのためには、給料の見直しから、会社以外の収入、投資など様々なお金に関する施策を練り、実行していく所存だ。


そして、今年は各種の目標の上位概念として、自分の人生の指針となるようなスローガンを掲げた。

毎日自分のことを驚かせられるか。それは小さなことでもいい。でも、一日一日の積み重ねが人生なので、毎日自分を驚かせられるようなことを頑張って行って、幸せに、楽しく、驚きに満ちた2022年を過ごそう!!

タグ:

Latest

タグ検索